スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWINGすんぺ! 

今日は、昨日見れなかった「SWING GIRLS」を見た。

SWING-GIRLS



噂どおり…

ハマった!!

コメディ性も豊かで、でも、Jazzに対してすごく愛情が含まれている映画だった。この監督(矢口史靖)は、「WATER BOYS」も撮っているので、ある程度の想像はできたけど、超えてたね。最後の演奏は

晴らしかった!

コレを見たら、やはりこう思うのではないだろうか…

「JAZZやるべ!」

俺自身、竹中直人はかなり好きな役者さんで、今回もいい味出してた!どうやらこの監督も竹中直人が好きみたいだね。(WATER BOYSも出てたし)
あと、この映画のいいところは、方言があること!それがかわいさを倍増している!映画を見ながらついつい言ってしまうずぅ(オイオイ)

女の子も可愛がっだぁ。上野樹里はもぢろんだっだげど、関口ってい゛う女の子も可愛がっだずぅ。でも、後から調べれば、今、朝の連ドラやってる本仮屋ユイカだったずぅ。こんなに可愛かったか?

方言使ってみだけど、ようわからんくなってきたずぅ。(絶対に合ってないな)
どうやら、山形の方言みたいだけどね。
よく分からん・・・

今日の残りはJazzと共に過ごすべ!
スポンサーサイト

はじめの一歩 

今日は、TUTAYAに行って、ビデオを借りてきた。母と妹がいっつも見たいといっていた

SWING GIRLS」!

実は、ウチはまだ、DVDをテレビで見えないので、DVDをあまり借りないのだ。パソコンでは見えるんだけどね。俺はそれで十分なんだけど、やはり、特にウチの母は、テレビで見なきゃダメらしい。だもんで、ビデオを借りてきた。

「かなり遅くね?」って思うかもしれないけど、そこのTUTAYAには、SWING GIRLSのビデオは2本しか置いてない…

ありえねぇだろ、コレ!!

いくら時代がDVDへと移っているといっても、

まだVHSユーザーはいるんだ!(少なくともココに)

実はまだ、それは見てなくて、一緒に「2046」を借りてきた。まだ途中なんだけど、結構、難しめの映画ではないかと思う。あと、日本語訳のほう借りてくればよかった…と後悔。いつも、役者さんの生の感じが見れるから、字幕を選ぶんだけど、なんか中国語は感じが違った。ここら辺は反省点かな。

とまぁ、今日はこれらの映画について感想書きたかったんだけど、見れてないんで、さっきまで見てた「はじめの一歩」について…

千堂戦が見たくて、29と30巻を見てた。やっぱり

見ごたえあるなぁ

と感心してしまう。確か今73巻まで出たけど、

そりゃぁ続くわ!

血がたぎるって言うか、見てて自分でも出来そうな…

イヤ、死んでしまう。。。

デンプシーロールとか無理だろ!どうやっても!
でも、やってみたくなるのだ。(当然失敗)

30巻の終わりで、千堂がデンプシーの連打でダウンくらって、KOされる場面があるんだけど、その時、千堂が意識遠のきそうになるんだけど、必死で一歩の顔を見る。
それは、

自分に勝った相手を最後まで見届けたかったから。

それを読んでたら、少し泣けてしまった。

エエ話しや…

今度はもっと時間とって、最初から読んでみるつもり。
「一歩」ははまるよ~!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。