スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本対ラトビア 

いやー、日本代表引き分けたねぇ・・・って昨日の話か!

最近、もう一つのブログの方で忙しいんだよなぁ。でも、その甲斐あって、曲がりなりにもHTMLとかを学べたんで、結果オーライ!
もし、このブログに迷い込んだ方がいたら、ちょっと覗いてみてやってちょうだい!スラムダンクの創作小説なんで。リンクのところにあるんで!!

で、話をもどしてサッカーへ。
結果は2対2。どうかなぁっていう結果。結果だけを見ても、何とも言えないなぁ。でも、ラトビアなら、勝っておかなければならない相手。いくらEURO予選で活躍しても、地力で勝るんだから、AWAYでも勝たないとね。しかも2対0だったわけだし。
個々を見てみても、やっぱりぱっとしない。高原は最低限の仕事はしたけど、トラップミス等が目立った。
この試合全般だけど、よく滑ってるなぁ。特に土肥は酷い。ゴールキック何回滑ってんのよ。アマチュアでも、一回スリップしたら注意する。ハーフタイムでスパイクを取替式に変えたのかな?
駒野もいまいちだったかな。DFはともかく、オーバーラップしても、精度の高いクロスをあげれなかったのはねぇ。
唯一の好材料は松井か。クラブでも左サイドを主戦場としているからか、結構しっくりきていた。相手に囲まれそうになっても、その技術を生かして、光るプレーをみせていた。
個人的には、小野が見たかったなぁって感じ。
いつも横パスばっかりだと批判されていたからか、全体的にグランダーの長い縦パスが多かったので、結構インターセプトされていた。
あと、中央にボールを預けても、高原と柳沢がポストプレーできずによく潰れていた。個人の問題もあるかもしれないが、パスで局地的な敵の人数を減らすっていうことも必要じゃないかなと思ったり。

なんにせよ、去年の欧州遠征もそうだったように、初戦は結果出ずに、その後の強敵には勝ったんだから(対ハンガリー●、対チェコ○)、ウクライナには勝つでしょう!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。