スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本対アンゴラ 

結構時間が過ぎてしまったけど、16日の日本対アンゴラ戦の感想でも。

マスコミがよく言っているように、高原と柳沢の決定力の無さにはガッカリ。チャンスは多かった。チャンスが多いことは、チャンスをつくる能力、フォワードとしての動きが良いということの裏づけだと思う。

でも、点を決めなければ・・・
柳沢がコンフェデの時に言っていたように、FWは点を取ってナンボだと思う。
そうでないと、FWの存在意義が薄れる気がする。

ハーフは、両サイド以外は良かった。ヒデは中盤のバランスをとる能力に長けてはいるが、やっぱり少しもったいない気が。やっぱり前線でアシストや得点をとってほしい。俊介はいつもどおりパスが光っていた。ショートもロングも精度が高かった。稲本は、目立っていなかったけど、相手の速攻を止めたり、1対1で負けていなかった印象。
駒野はどうなの?
あんまりJリーグのことは知らないけど、良くなかったな。まともにあげれられたクロスも数えるほど。同サイドの相手選手にかまって、後半はスタミナ切れか?
三都主は、たしかにディフェンス能力が低い。川渕さんが怒るのも無理ないけど、オフェンスにしても、仕掛けるまでが遅い。1本いいクロスがあったけど、他は全部・・・
とにかく、サイドバックの人材が必要。戻って来い!加地!

ディフェンスは特に話は・・・
中盤のプレスが弱くてエリア付近まで来られた危ない場面もあったけど、特に大きく崩されたようなことは無かったね。

とまあ、ヒデが言ったように、収穫は無かったかな。あるとすれば、トップとサイドハーフの人材発見が急務というのが分かったこと。
トップは久保でいいんじゃないかな。まだ復帰したばかりだけど、絶対必要。
サイドハーフに、三浦淳と小野はどうか?三浦淳は本職だし、小野はトルシエの時もいい感じだったから、アリだと思う。

年内最後がアレだったから、寂しかったな。次が楽しみ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。