スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本対ドイツ 

日本がAWAYなんで、タイトルは「ドイツ対日本」かもしれない・・・

細かいことは置いといて、
やっぱりヨーロッパの時差はすごいね!!

朝4:30からということで、早めに(11時くらい)寝ようと思ったら、いつもとリズム違うんだろうねー

朝3:30すぎくらいまで寝れなかった・・・(-"-;)

Damoの試合前のコンディションは最低だったものの、なんとか試合には間に合い、ワクワクと時を待っていた。


やっぱり、つよいチームとやるときは、自分でプレイしていても、観ていても、気持ちが昂ぶる。以前、コンフェデでブラジルと戦う前もこんな感じだった。


試合内容は、前半の最初は、ラインを高く保って、セーフティーにやろうとしてたみたいで、さらにドイツが高い分、空中戦が全く勝てなくて、セカンドボールなども全部相手に取られていた。さすがに、身長だけは、どんな努力でも不可能だと思う。牛乳飲んでも期待通りの慎重にならないし・・・(涙)

「(身長があることは)立派な才能じゃないか」(田岡茂一)には納得させられる。

で、序盤は、日本はボールキープできず、ポゼッションでも負けていたけど、自分達のボールにしたら、テンポよく前線へとつないでいって、ゴールを脅かすようになった。

ヒデのシュートは惜しかったね!ヒデがシュート打ってからがっくりしたのを観ても、あそこしかないという隙間に狙って、防がれたんだから。

前半は、一進一体の行動が続いた。途中で加地が怪我したのはいただけなかった!!!後ろからボールに行かずにファールしたら、カードは出せよ!!!そして、怪我をした加地がものすんごく心配。経験からしても、あの曲がり方は危なかった・・・今、「うるぐす」で、正式に捻挫と診断されたらしいから、一安心だけど、あれが内側に曲がっていて、恐らく加地の足首が柔らかかったから、まだ軽くて済んだけど、芝に引っかかって外側に曲がっていたら・・・WCは絶望的だったね。
なんとか豪戦に間に合うようにリハビリするみたい。戻って来い!加地!!

で、その加地の後に入ってのは駒野。そして、今日、駒野がすごく良かった!高い位置でボールをもらって、失わず、高い位置でプレッシャーをかけて、あの巨体にからだを入れてボールを奪った。今日のMVPは高原なのは間違いないけど、代表で3番目に評価が高くてもいいと感じた。そして、ドイツに対して臆せずプレーし、経験を得たのがとても大きかったんではないかと感じた。S級の相手にフル代表で戦ったことは無かったのでは・・・?俺の中で、恐れていたのが、サイドの負傷で、今回加地だったんだけど、駒野がこれだけやれるのなら、サイドはひとまず安心といえるだろう(加地がfirst choiseなのは間違いないが)。もっと突破を試みてほしかった。

後半は、前半と変わって、日本のペースが続いた。中盤でボールをつなげだして、パスを早くダイレクトでいけるようになってからは、日本の時間だった。相変わらず体は強いけど、ダイレクトのボールというのはついていきにくい。これは日本の長所であり、ブラジル戦の加地の幻ゴールのときもそのような形だった。

俊輔は徹底マークだったけど、うまく自分のマークをつかせて、他の選手をフリーにさせていたと思う。ヒデは、中盤からの飛び出しが小気味よく、相変わらずの視野とキラーパスはさすがのものだった。

高原は本当に点が入ってよかった!点さえ入れば高原は復活すると信じていた。2点目は、ちょっと久保っぽい切り替えしだったなぁと感じた。
あと、1点目は、柳沢との相性のよさがよく出ていたと思う。試合全般を通じても、柳沢との相性のよさがよく出ていたように思う。

ディフェンスも、セーフティを貫いていて、ボールがうごいているあいだは良いが、セットプレーには難だった。そこはやはり身長の差が一番だけど、体をぶつけて自由に飛ばせないくらいの修正はできるはず。

俊輔と高原と柳沢の打撲が心配・・・

日本代表がいけるところまでいってくれること(優勝)を信じて・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damo.blog24.fc2.com/tb.php/89-67b0aa70

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。