スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中田英寿 

「人生とは旅であり、旅とは人生である」

いかにも中田英寿が語りそうなセリフ。
哲学者のような頭の中には、常人とは一歩違った視点で、一歩進んだ次元で物事を見ているような・・・
そして、独自のオーラを出している。



KINGと呼ばれ、孤高と呼ばれ、しかし、確実に、日本サッカー界に足跡を残した。



偉大な男である。





彼は現役を引退する。
何故か・・・

彼しか知りえぬものを知ろうとしたところで、推測にしかならない。




「サッカーは好きですか?」



この問に答えることに恐れていることがどれだけ苦しいものなのか・・・



彼には、プロフェッショナルという言葉がよく似合う。
もちろん、だからこそ働き、輝いている。





以前から、この日が来ることを、相等恐れていた自分がいたことにも気がついていた。
日本の宝が見れなくなることを。
そして、それはきっと「突然」に来るものだろうことを何となく予感していた。




お疲れ。ヒデ。


ヒデがいなかったら、俺は今、サッカーを最大の道楽とできなかっただろう。
そして、熱くなれるもの、夢をもたせてくれたことに感謝したい。




近年の日本サッカー界にとって、分岐点は今日なのかもしれない。

ドーハで1回。

フランスで1回。

そして今日。






個人的には、三浦和良が引退するまで、してほしくはなかった。




本当にお疲れ様。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://damo.blog24.fc2.com/tb.php/94-efbccbf7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。